facebook instagram twitter YouTube

信州長野産りんごHATORAZU APPLE

最高の環境でつくり
ギリギリまで樹にならした完熟りんご

    • 樹上
      完熟

    発送10月中旬予定

    シナノスイート

    「ふじ」と「つがる」を交配したシナノスイート。
    「信濃(しなの)」の名の通り、長野生まれの品種です。
    酸味は少なくすっきりとした甘さ。果肉はやややわらかめでやさしい触感。
    年配の方やお子さまにも食べやすいと評判のりんごです。
    当園のりんごの中で収穫が一番早いりんごです。

    • 樹上
      完熟

    発送12月上旬予定

    おおぐしスーパームーンりんご

    おおぐしスーパームーンりんご革命でお客様を幸せにをモットーに現在育成中です。
    2020年に本格販売予定です。

    • 樹上
      完熟

    発送12月上旬予定

    葉とらずサンふじ

    「こんなにおいしいリンゴは食べたことがない!」と嬉しい声をいただくおおぐし農園2の看板果物。
    葉をとらず、太陽の光に当てて育てるから「サン」ふじと呼ばれます。
    お日様の恵みをいっぱい受け、甘さと栄養を蓄えさせ、樹上完熟してから収穫します。
    果汁が多くずっしりとした重みがあり、中にはぎゅっと黄金色の蜜が詰まっています。
    甘さと酸味のバランスがよく、りんごらしいシャキシャキした歯ごたえも人気。
    日持ちがするので、お歳暮など贈答用にもおすすめです。

長野県産りんご5つのこだわり

  1. 葉を残して育てる理由

    通常りんごは色をよくするために葉を摘み取り、光を当てます。
    しかし、私たちはあえて葉を残し、その分たくさん光合成をさせることで、果実により栄養と糖分が蓄えられます。そうすることで太陽の恵みいっぱいのおいしいりんごになります。

  2. 味もみかけも

    葉を残して育てるため、葉の影になった部分が色ムラとなります。味に影響はありませんが、できるだけムラを改善するために根元に光反射シートを敷くなどしています。
    ご贈答用のりんごは色ムラが少なめとなっています。

  3. 「蜜」がギュギュギュッ!

    実は「蜜」自体の甘みは強くありませんが、果実に運ばれたショ糖や果糖に変化することで甘くなります。完熟した果実はこの蜜がたくさんたまり「十分に甘みが蓄えられたおいしい証拠」となっています。

  4. 収穫後は即座にそのまま畑で保存袋へ

    リンゴは収穫直後から劣化が始まるため、そのまま畑の中で専用の保存袋に詰めて倉庫や保存スペースに持ち帰ります。わずかな時間でも品質を落とさぬよう、細かく気を配っています。特にサンふじは、雪が降る寸前まで、甘く美味しくなるように木にならせておきます。

  5. 木の間隔を広げ
    収量よりもいいものを目指しています

    「葉とらずりんご」は手間がかかります。一本のりんごに土の栄養と太陽の光を十二分に行き渡らすために、木と木の間隔を通常の3割ほど広く植えていきます。そのため収穫量は下がりますが、土地に対する収量のバランスを考えて、常においしいリンゴを求めています。

収穫カレンダー

予約受付 8/1~2/28 収穫 10/15~12/15 お届け期間 10/15~2/28

表面のベタベタ

りんごが食べ頃になったサインです

ベタベタの正体はりんご自身が作り出したロウ物質です。
果肉中にリノール酸が増えると起こる現象で、そのりんごが食べ頃になったサインです。リノール酸は身体にいい成分としても知られております。安心してお召し上がりください。

保存方法

おいしくお召し上がりいただくために

乾燥しないようにビニールなどの袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に入れてください。
表面にワックスのようなベタベタ感がでる場合がありあますが、りんごの成熟過程で自然に分泌される物質によるものです。農薬やワックスなどによるものではないので、安心してお召し上がりください。

シナノスイート[発送/10月中旬予定]

  • 樹上
    完熟
家庭用
4.5kg
3,400円
9kg
5,700円
購入はコチラ

葉とらずサンフジ[発送/12月上旬予定]

  • 樹上
    完熟
贈答用
5kg
4,700円
10kg
7,700円
購入はコチラ
家庭用
5kg
3,750円
10kg
6,000円
購入はコチラ

おおぐし農園2への
お問い合わせは

お問い合わせ